ホーム  >  T様邸(寝屋川市:マンション)

リフォーム施工事例② T様邸(寝屋川市:マンション)

最初の打ち合わせ段階に間取り変更から奥様こだわりの建具、フローリング、設備など
こだわりがありましたので、何度も打ち合わせを重ね、ショールームで実際の商品を確認し、
ひとつずつ希望を形にしていきました。
特にキッチンは奥様が対面式キッチンを希望されていましたので、既存の壁付けキッチンから
新しくキッチンを新調し対面にしました。既存のキッチンよりサイズも大きくしているため、
配管の位置や家事動線も意識して間取り含めて変更しました。


↑↑こちらが、今回変更した間取りです↑↑

リビング

【担当営業より】
物件の購入検討当初、お施主様は対面式キッチンの物件を希望されておりました。

こちらの物件は壁付けキッチンでしたが、物件の場所を気に入っていらっしゃったためキッチンの変更工事
が可能かどうか工事担当者と打ち合わせし、予算を含め工事が可能でしたので対面式キッチンに変更する
リノベーション工事を行うことにしました。
立地・間取り含め、お客様のご希望に添える物件が見つかって本当に良かったです。

キッチン

【担当営業より】

キッチンは LIXIL シエラ w1650 で、収納も同シリーズのものを取り付けました。
シエラのシンクはお手入れが簡単で、きれいに片付きます。収納もたっぷりで取り出しやすいスライド収納
です。食洗機と水廻りの作業が快適になるとキッチンに立ってお料理するのが楽しくなりますね。
色目も落ち着いた感じで、収納と同じ面材でフローリングとの相性もバッチリで素敵です。

浴室


【営業担当より】
お風呂は LIXIL リノビオV 1116 Fタイプに新調しました。
アクセントの色はウォールナット・床と浴槽はホワイトをお選びになられました。

浴槽も洗い場もリフォーム前よりゆったり大きくなっています。特に、洗い場を広く使えるカウンターが
便利ですね。ダブル保温の浴槽でお湯が冷めにくく、ガス代の節約にもつながります。

収納も取り外しができ、床も汚れが付きにくく、浴槽も防汚クリア層で水アカ汚れが付きにくいので
毎日のお掃除もラクラク。ご主人も喜んでおられました。

洗面室


【担当営業より】
洗面台はノーリツ シャンピーヌ三面鏡をお選びになられました。
ワイドは750mmと使いやすく大容量の陶器製ボウルが特徴です。左右に手洗い石鹸や歯ブラシスタンドも
おける奥行きがあり、毎日の使い勝手が非常に良いです。
満水時には17リットルも水をためることができるので、付け置き洗いもでき奥様も喜んでおられました。

トイレ


【担当営業より】
トイレはTOTOの節水トイレをお選びになられました。M様の支給品ウォシュレットを取り付けさせて
いただいています。トイレ内部はクロス張替・床CF張替・棚も設置させていただき、清潔感のある
きれいな仕上がりになりました。
節水トイレなので年間の水道代も安くなり、家計の負担が楽になっています。

洋室


【担当営業より】
洋室の工事ですが、写真左の完成前と比べると大きく変更を行っています。
まず建具は開き戸から片引き戸に変更しています。奥様こだわりの建具で、色目も新色を選んでいます。
LIXILのブルーペイントという商品です。

床は既存のカーペットからフローリングに変更し、収納がなかったのでクロゼットを新設しています。
この部屋はお子様の部屋で天井のクロスには照明を消すと光る仕掛けになる商品をお選びになられました。
娘さんも気に入られて、ご夫婦共々喜んでおられました。

和室


【担当営業より】
既存の間取りはDK9帖と和室8帖と和室6帖でした。和室8帖をフローリングに変更し、DK9帖と合わせて
LDKに変更、また、もう一つの和室6帖は4.5帖に変更して1.5帖分をLDKに回しました。
LDKは合計18.5帖になり、LDKと続きの和室4.5帖の広々とした23帖の使い勝手の良い空間に
仕上がりました。
キッチンからもリビングを見渡すことができ、奥様も安心して家事ができるとのことで
喜んでいただけました。

和室(押入れ)


【担当営業より】
既存の大きな押入れ収納を二つに割り、洋室側と和室側にクロゼットとして新設しています。
建具の枠組み工事、建具新調、壁仕舞工事、クロゼット新設と全く新しい和室に生まれ変わっています。
ご主人様が和室が好きとのことで、こちらで寝ると仰っていました。
リビングと和室の繋がりがあって心地よい空間になっています。


M様、今回の工事では特にご希望に沿える対面キッチンになって本当に良かったです。
照明器具とクロスの貼り分けがすごくお部屋の雰囲気とマッチしていて私の想像を超えました(笑)
この度は本当に良いご縁をありがとうございました!

ページトップへ